小樽飯櫃 ホームお問い合わせ
企業理念 取扱商品 会社概要 採用情報 その他情報
企業理念
生産者の顔と情熱が見える食材へのこだわり。
安心のおいしさをお約束するための当然の帰結です。

安心できるおいしさ。その原点は、食材への徹底したこだわりです。地球規模で食材が流通するなか、小樽飯櫃が国内産の食材に固執する理由もここにあります。
現場に行き、現物を手にとり、現状を知るコト。それは、野菜、肉、鮮魚はもちろん、調味料に至るまで食材すべてにわたり徹底しています。安心品質への自負。そのバックボーンとなっているのは、自らが確かめ納得した食材への揺るぎない自信です。体はもちろん心にも。五感にやさしいおいしさをお届けするための食材の品質への責任。それは、「安心のおいしさ」を標榜する小樽飯櫃のポリシーであるとともに、商品づくりの原点でもあるのです。

繊細な和のテイストが生きる小樽発の海鮮総菜。
驚きと感動のあるおいしさが小樽飯櫃品質です。

小樽飯櫃がご提供している多彩なおいしさ。その開発コンセプトは、「驚きと感動のあるおいしさ」です。厳選された食材と鍛え抜かれた匠の織りなす技。その完成度の高さは、本物を知り尽くした食通の方々の高いリピート購入実績が証明しています。特にメインアイテムである海鮮総菜は、繊細な和のテイストを加味。それぞれの食材の風味が生きているおいしさは、オリジナリティあふれる海鮮総菜として高い評価を得ています。食の伝統を守りながらも、更なるおいしさを求める探求心。 至福の団欒を運ぶ驚きと感動のあるおいしさ、それが小樽飯櫃品質です。

関係企業との信頼のパートナーシップ。
その根底にあるのは、「食」へのこだわりと情熱です。

小樽飯櫃が考える理想の「食」。
しかしそれを開発・製造し流通、販売に至るまでには、多くの企業との切磋琢磨が不可欠です。そしてパートナー企業を選ぶ時に小樽飯櫃が何よりも大切にしているのが、「食」へのこだわりと情熱です。それは、信じられるおいしさをお届けするためにはすべてのパートナー企業が同じ価値観を共有しているという信頼感が欠かせないという信念があるからです。


品質とオリジナリティーへのこだわり。
安心と美味しさで真っ先に想起していただけるブランドを目指して、リサーチと開発に取り組んでいます。

小樽飯櫃ブランドの商品。その発想の起点となっているのは、「自然・健康・安全」という食の根本を基本理念とした豊かな食文化の創出です。食の荒廃が問題視される今日、厳選した安心食材を贅沢に使った本物の美味しさを通じて、健康的な食卓、さらに家族揃っての団欒の楽しさをもお届けしたいと願っています。誰よりも厳しい目を持つ消費者が、真っ先に想起する信頼のブランドを目指して。小樽飯櫃は、パートナー企業や協力工場と力を合わせて新しい美味しさの開発に取り組んでいます。

ハイエンドユーザーの心を捉える。
有名百貨店が小樽飯櫃に出店を望んだ要因は商品とサービスのクオリティです。

デパ地下。百貨店の食品売り場は、いまやハイエンドユーザーの支持を得るための戦略フロアです。 そんな老舗、名店が軒を連ねる有名百貨店が注目しているショップが小樽飯櫃直営の「小樽飯櫃」。 食のトレンドをいち早く捉えた健康志向の小樽発本格海鮮総菜は、従来までのような単なるブランド力に代わる新しいバリューを持ったコンセプトショップとして熱い期待が寄せられています。

美味しさへの評価は、集客力の違い。
小樽飯櫃Styleというビジネスモデルが量販店の注目を集めています。

量販店の新しい集客策として注目を集めている小樽飯櫃の移動販売。
焼売など、お惣菜の定番アイテムにも関わらず高い集客力を発揮している理由は、日常的に口にしている馴染み深いお惣菜だからこそ実感できるおいしさの違いへの評価です。単なるセールストークではなく、 テイスティングによる納得販売。それは、品質とおいしさへの絶対的な自信に裏打ちされた小樽飯櫃Styleという新しいビジネスモデルです。


吟味された素材を元にこだわりの技で製造から販売まで、一貫した製品づくりをモットーに、小樽から全国へ発信する小樽飯櫃の商品および「小樽飯櫃(おたるぼんき)」ブランド。国内に広がるネットワークを通じて、お客様のニーズと小樽飯櫃のスパイスを融合させ、素早く製品に反映させるフットワークも万全です。